草のように考え、草のように創る。
草らしく生きよう。

西田草介のブログ
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

写真が撮れない。
JUGEMテーマ:写真


なんだか最近、写真を撮る気にならないのだ。

いま流行りの新型うつ病か?写真うつという名の。

カメラを持って出かけてみると、案外すぐ撮れてしまうのかもしれないが、まずカメラを持って行くことがないのだ。




といのも、写真を撮るというのは、かなりエネルギーが必要なことだと思うわけで。

たとえば、ただ街のスナップを撮るにしても、絶好の瞬間をフィルムにおさめようと思ったら、ここだ!という場所で一日粘ったりする。

私は「霧」が好きだから、霧の写真を撮ろうとすると、夜も明けない時間に重い機材を持って出かけていったりする。

スタジオで人を撮るときなんか、セックスした後みたいにクタクタになる。

学生の時は、そんなこともしれっと出来たのだけれど、今はなかなか踏み込めないところがある。

そこんとこ、ガッツが足りていないのだろうな、なんて思う。

私の尊敬する佐伯祐三は、心も体もビリッビリのボロッボロのクッタクタになっても絵に執着して描き続け、30歳の若さでこの世を去った。

そんな太くて短い人生、きっと自分には歩けない、そんな諦めさえわいてくる。

元気が無い訳ではないけど、何か諦めのお化けみたいなものが付いて回ってくるのだ。




写真を撮られる方はお解りになると思うが、撮影を続けているとハイになってくることがある。

「いまこの瞬間は、奇跡だ。」そんなふうに感じる時がある。

きっと、私はその感情を忘れているのだ。

探しにいこう。

もうすぐ、梅雨がやってくる。

きっと、雨が教えてくれるだろう。