草のように考え、草のように創る。
草らしく生きよう。

西田草介のブログ
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

DesignUNIT「浦田工業」初個展!
 

浦田工業初個展
「鉄の森」展

会期:2011年9月4日(日) ー 9月24日(土)
会場:ALAPAAP  http://alapaap-web.com/
   ※王子が岳、渋川海水浴場を目指してきて下さい。
   
金属は、どこまでも自由。
木となり、根となり、土となる。

鉄で作った作品の質感、美しさをどうぞご覧下さい。
新しい美術のかたち、工業のかたちを目指して、走り出した浦田工業をどうぞよろしくお願いします。

会場では、このブログでも紹介した「ロボ」(観賞用美術作品)や、
実用性と見た目のおもしろさを行き来できる雑貨やインテリア(機能性美術作品)を
展示します。
気に入って頂けたら、どうぞお買い求めください。
もちろん、見て、触って、感じてもらえたらそれで十分嬉しいので、お気軽にお越し下さい。

*ちなみに、私はデザイナーとして一部作品のデザインをしています。
 もし、会場に足を運んで下さる方がいたら、
 どうぞ声をかけてやって下さい。
 なるべく在廊できるよおう調整させていただきます。


5月5日猿田彦神社「御田祭」
JUGEMテーマ:写真日記 

三重県伊勢市の猿田彦神社にて行われている「御田祭」の記録。
写真は、うちの兄提供で。

囃子方の奏でる音楽に合わせ、田を植えて行く神事です。
毎年、5月5日に執り行われます。

僕は小学生のころからずっと参加していて、小学校を卒業してからは植え方をやっていましたが、5年前から代表をやらせて頂いています。

代表と言っても、奉仕者のみなさんが気持ちよく稲を植えていただけるよう準備をしたり、指示をだしたりするのがお仕事です。
おかげさまで今年も滞りなく無事に稲を植えることができました。
みなさん、どうもありがとう!



手前が囃子方。
太鼓、鼓、竜笛、さざらで奏でます。

どひゃーひゃー
どひゃーひゃー
ぽんぽん

てな具合に。
奥に見えるのは八乙女と言って、神様からお預かりした稲を植え方に渡す役目の女の子たちです。

田植えの様子。
桃山時代の衣装を着て、植えて行きます。

きれいに植わっていますね。
いい感じ!
タダ米と言って普通のお米の稲を植えたら、最後に餅米の稲を植えて終了。


植え終わったら、「団扇相撲」が行われます。
左側が恵比寿、右側が大黒で、今年は恵比寿さまの勝ちでした。


団扇相撲も終わったら、今度は境内に移動〜




「豊年踊り」
はえやーはえ!
はえやーはえ!
のかけ声で、コミカルな踊りを神様の前で披露します。


かけ声の意味は諸説ありますが、よく言われるのは、
生えろ、生えろ、という意味だということです。
ハというのは声が演技がいいというのも…

豊年踊りを三回踊ったら、鼓を俵に見立てて、かつぎながら回ります。
このとき、俵の重さのためによろつくような動きも。
神事といえど、楽しいコミカルな動きが多いのは、このお祭りの特徴かもしれません。


最後に、お祭りが無事に終了したことを笛の音とともに神様にご報告します。
最後に笛のソロというのが、またツラいみたい…
でも、がんばってますね!
今年の童男、りょうへい君もがんばってくれました!


お祭りが終わったら、みなさんお待ちかねの団扇やぶり!
団扇の紙を持ち帰ると、家内安全、無病息災、商売繁盛に効果があるらしいですよ!


今年は、団扇の骨までバキバキに…

とにかく、今年も無事に終えることができて、本当によかったです。
こういった伝統の行事はずっと守っていきたいですね。
夏に帰った時に、稲の成長を見るのが楽しみです。





しめに赤福。
ミキティもがんばりました。
来年もよろしく!


それではまた。


“勝ちつづける”ということは
「尾崎考①」


“ぼくがぼくであるために
勝ち続けなきゃならない”

生きていく上での葛藤、その部分をこれほど端的に表した言葉はそうそう見たことがない。

勝ち続けるとは、生きることそのもの。

私が幸せになったなら、あなたは不幸にならなければならない。

食べる物も、仕事も、お金も、無限にあるわけではないのだから。


“優しさを口にすれば
人はみな傷ついていく”


そう、すべての人がハッピーになることはない、それがわたしたちの生きている社会というもの。

でも、身近にいる人なら幸せにできる。

そのために、ぼくたちは勝ち続ける。

たとえ、ぼくたちが勝つことで、どこか遠くの国のだれかが傷つこうとも。


“誰がいけないという訳ではないけど
人は皆わがままだ”

どうしようもない矛盾。

決して悪気はなくとも、社会は矛盾をはらみ、個人の活動は社会をゆがめていく。

それでもぼくらはぼくらのために、
愛する人のために、
生きていかなければならないのだと、

尾崎豊は教えてくれる。

class="jugem_theme">




2011年4月13日、まだ二十歳も少しすぎたばかりの青年がこの世を去った。

この日、家族はとてつもなく大きな悲しみを背負った。

私はあなたに会ったことは一度もない。

でも、あなたのお母さんは、よくあなたの話を嬉しそうにしていたよ。

だから、ぼくはあなたに会いにいこうと思った。

はじめまして、さようなら。

また会う日まで。



JUGEMテーマ:コラム

 
浦田工業:urata Industry

ずいぶんほったらかしにしておりました。

いま、進めているmono creative UNIT“浦田工業”について少しだけご紹介します。
空いた時間を利用して進めているので、ゆっくりですががんばってやっています。


浦田工業では、金属を使ったプロダクト、アート作品を制作しています。
もともとは、鈴鹿でレースメカニックをやっていた父と、大学でデザインを学んできた息子(私:西田草介)、それから、美術教師をしていた母とのユニットです。

まだまだ、はじめたばかりですが、これからどんどんモノを増やしていき、発表を随時していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします!

Now that promote mono creative UNIT "Urata industry" will introduce a little bit about. 
Since we're using the time to spare, and is slowly doing your best. 


Urata industry, with metal products, has produced a work of art. 
Originally, the father was doing the race in Suzuka mechanic, son have learned to design in college (I:Nishida Sosuke), then the units had a mother that she was art teacher. 

Still, it is just beginning, now more and more things more Iki, I want to announce from time to time. 

Thank you very much!


「浦田工業」










アクセサリースタンド“Beans”





アクセサリースタンド“arrhythmia




アクセサリースタンド“Tree”




アクセサリースタンド“navel”




オブジェ“Izanagi”




ご質問等ございましたら、こちらまで
urata.industry@gmai.com



JUGEMテーマ:金属アート、工芸
JUGEMテーマ:作品発表!!
JUGEMテーマ:アート・デザイン


雑誌展 cifa-cafe
 JUGEMテーマ:展覧会



雑誌展
at cifa-cafe

2010.11.30tue - 12.12sun


現在、岡山市北区石関町のカフェ、cifa-cafeさんにて雑誌展開催中です!

誰かのセレクトによる古雑誌の陳列ではなくて、参加者が自分のおうちで寝てる雑誌を提供してみんなが同じ空間に展示するという、ありそでない企画です。

もちろん、閲覧可能、購入可能なので、お茶しながら誰かの出品した雑誌を読んで、気に入ったらお買い上げーできます。

本日ちょろっと覗いてきたら、朝日グラフの6冊セットが300円で売られているではないですか!
BURUTUSのバックナンバーと一緒に購入ですよ。

ちなみに、私もちょこっとだけ出品させていただきました。
探してみてください。
でもね、見つけても、中を開いてはいけませんよ。

えっ?なぜかって?それはちょっとここでは言えませんね。
最初に謝っとこ。すいやせんでした!!

ということで、「雑誌展」が開催されているcifa-cafeさんは岡山県立美術館の真ん前にありますのでぜひ行ってみて下さい。
なんだか、定期的に続きそうな気配ムンムンのこの企画、今後も楽しみですね。


詳細はこちらにて
草創紀行展、ご来場ありがとうございます!
 JUGEMテーマ:展覧会


今日は国民文化祭2010の最終日でした。

私は、児島のジーンズの会社としてブースを出しておりました。

他の会場は回れてないのですが、まさしく文化祭!という感じで、おばあちゃんたちがフォークダンス踊ったり、地元アイドルグループが唄ったりと盛りだくさんの内容でした!

来年は京都みたいですね。京都の方、がんばってくださいー



さて、草創紀行展に多数のご来場ありがとうございます!

写真も買って下さり、ありがとうございます!


どなたが買われたのかわからないのですが、嬉しい限りですね。

枚数も残りわずか…

ということで、何枚か追加しようと思います。

展示するわけではないので、ちょっと毛色の違うものも置いてみようかな。


ぜひ何度でもご来場ください!ちょっとお茶しに、ランチを食べに。

そう、maimaiは朝がいいですよ。

ドリンクを注文すると無料でパンとサラダがついてきます。

さらに+300円で朝カレーが食べれます。

大丈夫か?マイマイ!サービスしすぎだぞ!

それでは、ひきつづきよろしくお願いいたします。


草創紀行Exhibitionはじまりました!
 JUGEMテーマ:展覧会


さて、瀬戸内国際芸術祭も残すところあと一週間。
私は、豊島と小豆島には行きましたが、ほかは結局行けそうにないですね。
豊島美術館は年内はパスが使えるとのことで、年末までには行きたいですね。
岡山に起こしの際はぜひ、cafe the market maimaiへ。



いよいよはじまりました。


Nishida Sosuke Exhibition
「草創紀行」展








cafe the market maimaiのイベント情報もアップされています。


一ヶ月あるので、ご都合のよろしい時にぜひお越し下さい。


私の在カフェ時間は、基本的に仕事が終わってから。
あるいは土日のどちらか。
平日は、夜9時〜11時くらいの間に出没することが多いとおもいます。


はがきサイズのアート紙を台紙にした「小さな写真」300円、も販売しています。
一応、インクジェットじゃありません。
お家の壁に貼って、あるいは写真立てに入れて、どうぞお楽しみください。

それでは、どうぞよろしく!!
会場_information
JUGEMテーマ:展覧会 

会場についてのinformationです。

岡山県内で一番!メシもうまくてパンもおいしい。と自分は思ってます。
もちろん、ジュースはその場でミキサーにかけて出してくれるフレッシュクオリティ!
コーヒーはエスプレッソベースでラテの泡に一つにもかなりこだわりがあるみたい!

その名もcafe the market maimai
マイマイと呼ばれて親しまれています。

広くて、落ち着く店内なので、お茶するだけでもすごくいいです。


cafe.the market mai mai
〒700-0977 岡山市北区問屋町14-101K’s テラス1F TEL 086 241 3141
http://maimai.themarket.co.jp/

どうぞ、作品展だけじゃなく、普段から行ってみて下さい。
オススメです。
草創紀行 Exhibition
JUGEMテーマ:展覧会


Nishida Sosuke Exhibition

「草創紀行」

2010.10.23[sat]-11.23[tue]




個展開催します。

これまで作ってきた作品をダイジェスト版で展示します。

写真がメインですが、絵のほうも少し展示しようかと考えています。


色んなプロジェクトに参加してるので、なかなか時間がとれませんが急ピッチで準備を進めています。

お近くにお越しの際は、ぜひご覧下さい。

場所は、岡山市北区問屋町のカフェ maimai にて。


経過報告していきますので、またチェックしてみて下さい。

それでは!!
黄昏のとっつぁんバイク 〜CD125K〜
JUGEMテーマ:HONDA


ブログが、死にかけている。

ということで、作品紹介用に作ったこのブログですが、毛色の違うものも載せてみようと思います。

私が通勤に使っているバイクです。

もう40年も前のバイクですが、まだまだ現役。

加速もまあまあがんばります。

その名も、ホンダCD125K。

とっつぁんバイクの典型なのですが、これがかっこいい。

古きよき「神社仏閣スタイル」を継承しているその角張ったデザインは、いまのバイクのどこにもないんちゃうかな。

しいて言うなら、CG125?あのバイクもちょっと興味があります。




非常に個人的な意見ですが、小型のバイクって日本らしいなと思うのです。

今でこそいい道がたくさん出来て、大きなバイクでも走りやすい環境になりましたが、昔はそうじゃなかった。

そういう環境では、丈夫で、燃費がよくて、扱いやすいことが一番だと思うのです。

そういったバイクの代表がカブ。

そこに日本らしいデザインを加えたのがこのCD125Kです。

本田宗一郎の愛が、このバイクには詰まっているような気がします。


あと10年もたてば、このバイクは半世紀も生きてきたことになる。

乗り潰さないように大事に乗っていきたいですね。

お父ちゃんありがとう。